×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ちょっと、そこまで

マレーシア編 (’01.3.28〜4.5)

 マレーシアがちょっとそこまでとは、言いすぎだと思いますが、3年前にTOMさんが赴任してから、
私には実家のある名古屋の次によく訪れる場所になりました。。                    
今回の、マレーシア旅行は、TOMさんのいるクアラルンプール(以後KL)とマレーシアきっての観光
地ペナンで過ごしました。                                            

        3月28日 

まずは、仙台空港へ。 毎日ひどくなる花粉症の鼻を押さえて飛行機に乗り込み関西空港へ。
さあ、いよいよ出発です。でもそんなふうに意気込んでいたのですがシンガポール行きの出発が遅れてしまい、おまけに向かい風??だったとかで、シンガポール発KL行きに乗ることができなくなってしまいました。その飛行機は最終便だったため、思いがけずシンガポールで一泊することになりました。
 客室乗務員の方からは、地上案内係の指示に従って下さいとのことだったので、まあ大丈夫ね!と簡単に考えていました。シンガポールに着いてみると、私達の名前を書いた紙を持っている人がお迎えに出ていてくれましたので、この方が地上案内係なのねと思いその方について行くと、いきなりDo you understand English?と聞かれ、”no”と力強く即答しました。その方はとても落ち着いて”OK!slowly speaking” えーゆっくりしゃべってもらったって分からない物は分からないのに。
 しょうがないので真剣に聞いてみると、明日の朝の便になったこと。シンガポールのパラマウントホテルに一泊して、朝食が付くこと。ホテルまでの送迎を負担してくれること。ホテルの部屋は3人なので2部屋用意すること。後一時間でKLと言うところまできているにもかかわらず、私達はシンガポールで第一夜を過ごすことになったのです。
 そうそうお迎えにきているTOMさんのことを忘れていました。早速、係りの人に電話をお借りしてTOMさんにTEL。
 彼は到着するはずだった、12時25分にKLIAで待っていてくれたのでした。

    

          3月29日  

前日の夜は2時過ぎに眠りについたにも関わらず、元気に起床。たっぷり朝食をいただいて空港へ!
マレーシア航空に乗りKLへ、やっとの思いでKLに到着し。 コンドミニアムへ行こうかとも思いましたが、明日からのペナン旅行に備えて買いだしのためそのまま、KLのショッピングモールKLCCへ。
最初の予定では、荷物を少なくして、マレーシアで夏物を調達しようという計画だったので、旅行用のサンダルだのシャツだのを購入。私と下の娘はおそろいでRM35(約1000円)のサンダルを購入しました。
お遣いを終えてやっとコンドミニアムへ!荷物をほどいて一休みしました。
 さて、今日のお夕飯は何にしましょうか?
マレーシアでの第一日目は、いつも楽しみにしている韓国焼き肉に決まっているのです。子供達は何よりここ”コヒアン”の韓国焼き肉をそれは楽しみにしていてオーダーもいつも同じ。骨付きカルビの焼き肉と冷麺or石焼きビビンバで決まりです。
この焼き肉のたれは絶品、ついつい食べ過ぎてしまいます。焼き肉をぐるりと取り囲むキムチもとてもおいしい。
満腹のお腹を抱えつつも、冷麺は食べなくてはならず、でも細麺でのどごしがよいのでつるりといただきます。
最後はアイスクリームをいただいて締めくくり。
初日からこの調子で食べていては、先が怖いのですが、、、、。

    

お腹をいっぱいにしたら、ちょっと腹ごなしにチャイナタウンへ出かけてみました。
昼のチャイナタウンとはまたひと味違い、夜の街は、もう人・人・人。物を買う人・売る人・呼び込みの声。等々でその喧噪の中に身を置くだけでわくわくしてきます。

チャイナタウンで売られているフルーツはとてもおいしいので、次の日の朝食用のマンゴーと下の子がかねてからとても楽しみにしていた焼き栗を買いました。
帰り道、屋台を冷やかしながら歩いているとTOMさんとはぐれてしまいました。 
 何をしているかと思ったら、TOMさんと娘は屋台で見つけた宇多田ヒカルCDの値段
交渉をしていたのでした。なんとRM10(約300円)でした。
歩き疲れたので、とてもかわいい喫茶店(Ou Cafe)で休憩。 
カフェオレを頼んだら今までに見たこともないほど大きなカップになみなみと運ばれてきたので思わず写真を撮ってしまいました。 CDと比較してみて下さい。  
こんな風に、食べて、食べて、食べてマレーシアの一日目は過ぎていったのでした。               

                                         

 

  3月30日                                              

今日も快晴。暑くなりそうですがドライブ日和です。
朝食を軽くとり、お弁当におにぎりを握って、お茶を持って、車に乗り込みいざペナンへ!
KLからペナンへは飛行機が出ていますが今回は車で出かけます。ハイウェーに乗り込んで気持ちは高まります!
ペナンでのお宿は”シャングリラ・ラサ・サヤン・リゾート”
リゾートでは何の予定もなく、私達はひたすらにダラダラと怠惰に過ごしたい。子供達はプールで一日中泳ぎたい。
KLから高速を走り約3時間、島へはペナン大橋で直接渡ることができます。ペナンきっての繁華街ジョージタウンを抜けて海岸線を走り、途中で野生の猿に出会ったりしながら、やっとの事で無事、到着しました。

     


 部屋は、二間続けて使える様になっていますので、子供達とも、中から行き来します。
部屋は落ち着いた雰囲気で、広々としていて、トイレ、バスも十分な広さです。
 荷物をほどいていざビーチへ。

         

  ビーチでは、バナナボートやパラセーリング、フットマッサージなど色々なアトラクションをやっています。
そんな景色を横目にまずは乾杯!
砂浜を散策して、リゾート内を探検して、今日の夕飯は、TOMさんの希望で和食にしました。
私達にとっては、別にどうって事のないメニューですが、日本から空輸された生ガキがたくさん出ており、TOMさんは食べてました。嬉しそうに。
 それから部屋では、大UNO大会。
大騒ぎのうちにペナンの夜は更けていきました。

 

         3月31日

 リゾートの朝はゆっくりと。でもカーテンから漏れる日差しと、小鳥達の声で、気持ちよくお目覚め。
さあ、今日は何をしようか?
まずは遅めの朝食。ホテルの庭を眺めながら、オープンエアのダイニングで、しっかりいただきました。
食べながら、今日の計画。せっかくペナンにきたのですから、それではペナンヒルに登ってみようということになりました。
標高約800m、ペナン島を一望できる丘です。頂上まではケーブルカーで行くことができます。(約40分)
頂上に着くと、風は涼しく、展望台からの眺めは最高! ペナン大橋の向こうマレー半島のバターワースの街まで見えます。(写真ではよく分かりませんが)
頂上付近を散策すると小さな出店でこんなかわいい葉っぱでできた”バッタ”が売られていました。

                    
私達は、頂上でビールをいただき、暢気にそろそろおりましょうか?と、ケーブルカー乗り場に着いてみると、大変な混雑。
運悪くその日は、地元の学校の遠足なのか?はたまた課外授業なのか?子供達と一般の観光客であふれかえっています。
何台も、ケーブルカーを見送り乗り込んだのですが、朝のラッシュ時並の混雑に加えて、クーラーはなし。息が詰まるほどの40分でありました。
 気を取り直して、今度はジョージタウンの散策をしようと思ったのですが、皆満員のケーブルカーに疲れ果ててしまい、結局ホテルに戻り、プールサイドで過ごすことにしました。
 プールサイドの海岸では、馬に乗ったり、パラセイリングをしたりと誰もが思い思いに楽しんでいます。
TOMさんと下の娘は海岸でお客さんを熱心に勧誘しているお兄さんの薦めでパラセイリングに挑戦。
アッという間に空高く上がっていってしまった二人を心配しましたが、娘によるとそれはそれは気持ちが良かったそうです。

その後は、プールに浮かんでいる子供達を眺めつつ夫婦でフットマッサージ。木陰で30分のマーサージのコースは、とても良かったです。あー、極楽だわ! 主婦の私は思わず口にしてしまいました。
 さて、夕食。 今日はラサ・サヤン・リゾートのメインダイニング”フェリンギ・グリル”に行こうと決めていたので、家族4人でおしゃれをして出かけました。VIPも来るという、重厚な雰囲気。私達はコースでいただきました。
周りは、ステキなカップルが、それぞれにおしゃれをして、食事を楽しんでいます。前菜から最後はドライアイスがモクモク出ているアイスクリームまでゆっくりと楽しい食事をしました。
満腹のお腹を抱えて、お部屋へ戻り、今夜も大UNO大会。
こうして、またもや大騒ぎでペナン第2夜も過ぎていきました。


 
         4月1日

楽しい時間はアッという間に過ぎ、今日はKLに戻ります。
朝食は、昨日とはまた違ったダイニングでいただきます。 こちらのダイニングも、ブッフェ式ですが、パンやシリアル。それからローカルフード、中国お粥、ご飯におみそ汁、納豆まであります。
それぞれにたっぷりいただきました。
チェックアウトして、ペナン大橋を渡り高速を戻りました。
KLの街が見えてくるとそれでも、何だか我が家へ帰ったようにほっとします。今日は疲れたから外食しないで家で食べようということになり、メガモール(とても大きなショッピングモール)のジャスコへ寄りました。
ジャスコには、お刺身・豆腐からお好み焼きやたこ焼きまで売っているので、とても便利です。
コンドミニアムへ帰り、ご飯だけ炊いて簡単に済ませました。

 

        4月2日

今日からTOMさんは会社へ出勤。
私達は朝から、前日の片づけを早々にして、散らかし放題のTOMさんの部屋をかたずづけて、街へ繰り出しました。今日はお子様達のショッピングにお付き合いする約束です。
タクシーで街まで約15分(約200円)で、KLCCに行きそれぞれ、お買物。今回の課題は、自分で買い物をすること。
マレーシアのお洋服は、とても安くて、品質も結構良いので家族の夏服は今ではマレーシアで調達。思い思いに買い物をして、お昼はKLCCのフードコートで手軽にいただきました。
私は、手軽にマレー風チキンライスをいただきました。(約120円)
早めに家に帰って、お昼寝。
午後はプールに入ろうと思っていましたが、午後にスコールがきたので、結局部屋で過ごしました。
夕飯は、外で食べようと思っていたのですが、下の子が少し疲れ気味だったのでこの日も自炊。      
マレーシアでも結構主婦してしまいました。


        
4月3日

朝、まだ暗いうちにものすごい雷で目が覚めました。
KLは雷の通り道にあたるらしく、雷は珍しくありませんが、この日のはすごかった。
眠れないほどの音に、部屋のガラスがビリビリ音を立てます。
部屋のブレーカーもとんでしまいました。それも一時間ほどで終わったでしょうか?また眠りについて朝には、お天気になっていました。

今日は私のお遣い。
 チャイナタウンで雑貨屋さんを巡って、お友達のお土産に、中国茶を買おうと思っています。
 マレーシアでいつものぞく、セントラルマーケット前の”Kia Klemenz”でバティック(RM30、約900円) を買い、お向かいの”Peter Hoe Evolution”で、木の器(RM40、約1200円)を買いました。(写真は家に飾ってみたお土産です)
 後は、Jl Sultanの”Purple Cane Tea Art Center”でお土産の中国茶を買い、他に中国茶のティーセットを買いたかったのですが、どれにしたらよいのか迷ってしまい、結局今回は買えませんでした。
 これは次回のお楽しみにします。
チャイナタウンを巡ってドライフルーツや中国菓子を買って、帰りにオレンジを5個買って部屋に戻りました。
夜は、これもお楽しみ Jl Imbiの蘇記炒粉(Soo Kee Mee)で夕食です。
ここの、チキンバックとエビのブラックソースははずせません。
今日は上の2種とホタテと黄ニラの炒め物、つけ麺(味のついた麺をチキンのスープのたれにつけて食べる。これが、またおいしい)。
チキンバックはこのお店の名物。ほとんどの人がオーダーしています。紙?の袋においしいたれを入れチキンを入れて油で揚げてあります。エビはこれまたソースが絶品で、手で殻をむき、手に着いたソースをなめつつ、エビをほおばります。う〜んたまらない。ビールを飲んでチキン。ビールを飲んでエビ。。。やめられないおいしさです。
最後はマンゴーで締めくくって、100l満足でした。

      

 

            4月4日

  今日の予定は特になし。 ただブラブラ過ごして、お昼には、飲茶を食べようとマンダリン・オリエンタルホテルのライ・ポー・ヘンへ行ってみました。ホテルにタクシーで着けてはみたものの、とてもデラックスな雰囲気でで引いてしまいましたが、せっかくきたのですし、おいしいと評判だし、、、。Lai Po Henの店内はとてもシックで落ち着いた雰囲気で、キッチンはガラス張りで、調理場が席から見えます。席に着いたら次はメニューと格闘して、点心を5種類と麺とデザート(マンゴープリンなど)それから、ジャスミンティーをオーダーしました。どれもとても手が込んでいて、おいしくて3人で満足。麺は食べられないほどでしたが、デザートはしっかりいただいて、ゆっくりお昼を過ごし、3人でRM98(約3000円税サービス料込)でした。
残念なのは、カメラのバッテリーだけを持ってカメラを忘れてしまったので、写真はとれませんでした。でもここは、ガイドブックにも出ているので・・・。まあいいか!
午後はプールにぷかぷか浮かんで過ごしました。

 

            4月5日

 今日はいよいよ帰国の日。TOMさんはお仕事なので夕方5時にお迎えのタクシーが来るまで、プールに浮かんで過ごし
お昼は近くの中華屋さんで、テイクアウトの猫飯(ご飯に好きなおかずをのせて精算してもらう)やパオ(肉まん)を買って済ませて、お部屋をきれいに片づけてシンガポール経由にて帰国しました。

                        
 

  どうでしょうか?この怠惰な毎日。 する事と言えば、ご飯を食べて、ショッピングして、本を読んで、そのほかにすることと言ったらプールに浮かんでいるだけの楽しい時間。
あなたも過ごしにマレーシアへ出かけてみませんか?
私は、また行きますよ!!!