×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

とうとう買ってしまった念願のDX1755f2.8
現時点標準Zoomレンズとしてこれ以上の物は無い、Nikon大三元の一角である。
やっと手に入れることが出来ました、「AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF)」。
「価格ほどの価値があるのか?」「当たり外れの多いレンズ」「最後には必ず欲しくなるレンズ」等と評価は多様ですが、持っている満足感は紛れも無く最高のレンズだと思います。
価格.comの方では皆さんからそのでかさ、特にFoodのそれを言われておりましたが、確かに大きいです。
今迄Food付の写真が紹介された物を見たことが無かったのでこの一枚。
でもD200に取り付けるとその大きさは異様ではなくジャストマッチと言えましょう。
今後ピントのテスト、又絞りと周辺の流れ、シャープさ等をテストして当たり玉、外れ球、そしてなによりこのレンズの実力を堪能していきたいと思います。
もう一つ、図体の割りに755gの重量はそれほど重いとは感じないのは不思議です。
AF-S DX VRズームニッコール ED18-200mm F3.5-5.6G(IF)の560gと比べると確実に重量級なのですが、この一年で腕力、手首の力が鍛えられたのでしょうか?
こちらが購入したAF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF)とその付属品。
大切なレンズなので当然Kenkoの保護フィルターも購入。
価格.comでも話題になった大きなフード、これらを入れる箱も必然的に大きな物になっている。
それから撮影し忘れたがスエード風の材質で出来たレンズポシェットが付属していた。
使うことがあるのかどうかははなはだ疑問ではあるが、高級品と言う事なのでしょう。
たしかDXVR18-200や50mmf1.4Dには付属していなかったような。
ご覧の通りこのレンズフィルター径は77mmと巨大。
当然保護フィルターも高価ですが何よりPLフィルターに至っては直ぐには購入できない。
しかし77mmは広角レンズのSIGMA10-20と同じですから共用する事は出来ます。
今後PLフィルターやNDフィルターを買い揃えていく事にしましょう。
DX17-55の先ずはお約束のピントテスト。
この様なテストに意味があるのかは疑問が多い、何しろゲージまでの距離は50cm位でなのでこのような状況はマクロ撮影しか無いと思われる。
まあデーターは積み重ねる事に意味があると考えて。
これは50mmのテレ端で開放f2.8。
驚く無かれどんぴしゃである、手前側にはパープルフリンジが出ているが、ピントがこのように合ったのは始めてであった。
こちらは17mmでの同じく開放f2.8での撮影。
これを見ただけで焦点距離によって被写界深度が異なる事が良く解る。
肝心なピントですがこちらもけちのつけようが無いほどのどんぴしゃ。
自分のレンズ良い結果が出るのはうれしい物です。
関係ありませんがWBはAUTOにしましたが良く取れていると思います。
こちらはフードを裏から見たところである。
フードをレンズにはめ込み回転させていけばカチンと嵌る。
外す時にこの左上のボタンを押せば、金属の爪が引っ込んで回転させられるようになっている。
通常はフードの弾性を利用してこの感触を出すのだが、ここまで大きく頑丈に作ってあるとフードを撓ませてロックの山を乗り越える事が出来ないからの機構であろう。
確かに同じような大きさのSIGMA10-20は撓ませる構造だが非常に感触が悪いと言える。
でも、このフード高価だよなきっと。
折角のNikon大三元レンズ、澄み渡った青空や、水面の反射、木の葉の反射等を減らしてその解像度を如何なく発揮させてあげたい。
又景色を撮れば必ず空まで取り込んでしまうSIGMA10-20にも使えるので\11,760と高価ではあるがKenkoのPRO1Digital PLフィルターを購入した。
多分これがPLフィルターを購入する最後だと思う。
既に62mm,72mmとこれで3枚も購入しており、持っている全てのレンズに装着できるからだ。
ただ、PLフィルターは寿命が有ると聞いた、劣化し、効果が薄れていくとか。
このレンズはZoomすると中のレンズ群全体が前後する様子がこれで見えます。
前玉は更に不思議な動きをします。
最広角側では全体が前に出てきます、こうする事でフードの蹴られを防止するというから恐れ入ってしまいます。
又何故か望遠側でも少し前に出ます。
さてさてf2.8標準大口径レンズ、ではどれくらい大きいのかと言えばごらんの通り55mm程度でしょうか、側は更に大きくうーん一寸見掛け倒しでしょうか。 広角17mmでも蹴られることなく55mmの望遠をこなすためにフードは巨大である。
実はNikonの何処を調べてもFoodのデーターはありませんが、バッグを購入検討するには必要なデーター、108mm位でしょうか。

Home