×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

                                                                  TOPへ


 ケアンズ(オーストラリア)旅行記 

2002・03.29〜2002・04.04

  

**3月29日(金)**
 

いよいよこの日がやってきました。 
今日から1週間、家族でオーストラリア・ケアンズへ出かけます。
今回の、旅行は、我が家らしくなく、毎日予定を詰め込んで、アクティブに過ごすことになっています。 
さて、どんな1週間になりますことやら? 
予定表を見ると、活動的ではない私は少々不安になりますが、ここは思い切りがんばってみようと思います。。。
朝、いつものように起きてお天気は?   曇ってはいるけど、まずまずのお天気。  
でも東京は雨の予報なのでどうにか一日雨が降りませんように・・・。
タクシーで白石蔵王駅へ。 東京までは2時間の新幹線の旅。
  さあ出発!!
今日は東京の”吉祥寺”を散策して、おいしいものをいただいて、成田空港へ向かう予定でしたが・・・。何もかもが他人任せの我が家のメンバー。
東京駅について吉祥寺にどうやって行ったらよいのか?誰も調べていませんでした。 
もちろん地図なんて誰も持っていない・・
        主人: 吉祥寺ってどうやっていくんだ?
        私  : え〜知らないの? 私、知らない! 東京は青春なんでしょう!!
        皆  : 無言・・・   これからどうする???
と言う有様で、仕方がないので行った事のある表参道を散策して、青山あたりで何かご飯を食べましょう!ということにまとまりました。

 原宿の駅についてみると雨。 先行きなんだか不安です。 
それでも、みんな気を取り直して、おいしいものが食べられそうなお店を探して歩きました。
何年かぶりの表参道は、すっかり様変わりしていて、初めてきた町のようです。
雨の町を散歩しながら、青山のある路地にとてもおいしそうな匂いのするお店を見つけて昼食をいただくことにしました。
残念ながらお店の名前も場所も覚えていませんがどのお料理もみなおいしかったです。 
                        オードブルのマグロのタルタル(脇に添えた半熟卵と混ぜていただきます)  


                                      竹下通りから通り一本奥に入っただけとは信じられないような静かなお茶所でお抹茶 をいただきました。
 おいしい昼食をいただいて、みなの気分も和やかになり、少し雨も小降りになりました。
その後、ゆっくりお茶をいただいて、いよいよ成田空港へ向かいました。
さあ、旅はいよいよ始まります。
心をウキウキさせて飛行機に乗り込みました。

   

**3月30日(土)**

 早朝、4時過ぎにケアンズ国際空港に到着しました。 まだ夜は明けていません。
眠い目をこすりながら、ホテルまでバスで送られました。


                 明るいホテルロビー

 私たちがケアンズで過ごすのは、市街地から少し外れた”リーガ・コロニアル・クラブ・リゾート ケアンズ”です。
長期滞在用に、部屋には、小さなキッチンや食器・電子レンジ・冷蔵庫なども備え付けられています。
別棟にはランドリーもあって便利です。
荷物を整理して、チョッと一休みしました。

さあ、今日はケアンズの町の散策です。
初めての町に気持ちはウキウキ。お天気も気持ちよく晴れてなかなかいい感じです。
ケアンズの町はこじんまりとしていて1時間もあれば歩いて回れるとの事。
私たちはまず、海沿いのエスプラネード通りを散策してみました。
海沿いのこの通りには、大きな木がたくさん植えてあり、枝を伸ばして気持ちの良い木陰を作っています

                              こんな大きな木が並木になって木陰を作っています。

通りの反対側には、おいしそうなシーフードのお店やお土産やさんが並んでいます。
あちらこちらをのぞきながら散策。のどが渇いたら歩道へ椅子を出しているお店でビールやジュースを飲みます。
ちょうどお昼になりましたので、外の石釜でピザを焼いているお店でお昼にすることにしました。
ピザマルガリータやフライドポテト・サラダを注文しましたが、そのサイズの大きいこと。
これだけでお腹いっぱいになってしまいました。
それからは各々ショッピング。ケアンズの町はどのお店にもほとんど日本人がいるので何の不便も感じませんでした。
主人と子供たちはカンガルーの皮のウエスタンハット、私は”買えたらいいな!”と思っていました”ヘレン・カミンスキー”のラフィアで編まれた麦藁帽を買いました。

*  *  *  *  *

夜はもう一度町に出まして(ホテルから町へは1時間に1本送迎バスが出ていて割と便利です)夕食です。
ガイドブックを見てこれは食べなくっちゃ!!と思っていましたシーフードを食べに行きました。
お目当てのお店は”カニーズ”
そちらで、シーフードの盛り合わせをぜひとも食べたい!!

 

写真左から、オーストラリアでぜひ食べて!と言われましたマッドクラブ・カキ・などのシーフード盛り合わせ
クロコダイルのフリッター、バラマンディー(日本では天然記念物で四万十川に生息)、シーフードスパゲッティー
を4人で平らげてしまいました。
後ろの席にすわっていた、体格の良いおじいちゃんがあまりの量の多さに目を見張っていました。。。
あー、もうお腹いっぱいで何も入らない・・・。と言うほど食べて、すぐ近くのナイトマーケットへ
たくさんのお土産やさんが店を出しています。
娘たちは、その1件でシールのtattoを入れていました。
ボディーペンティグのようなそれは、丁寧に手作業で色を塗られとてもきれいなものでした。
こうして、長い一日は終了。
明日からのハードスケジュールに備え休むことにしました。

  


**3月31日(日)**

 オーストラリア、第2日目。  今日は1988年に世界遺産に登録された熱帯雨林を見に、キュランダの町へ行きます。
この熱帯雨林、10以上もの国立公園を含むと言われる広大な地帯です。
豊かな自然はさまざまな動植物をはぐくみ、中には1億年以上も前の姿そのままでいるシダ植物などもいるそうです。
今までに、体験したことのない広大さに驚いたのは、こちらが最初でした。
あらかじめ、ツアーに申し込んでいましたので、ホテルにお迎えが来てくれます。
それにしても、休暇にきているのに朝5時起きとは・・・。

まずはスカイレール(ゴンドラ)に乗って上から熱帯雨林を見下ろします。ケアンズの街は小さな町ですが、
この熱帯雨林はどこまで続いているのだろう・・・と思わせるような、どこまでも続く森です。
原住民のアボリジニたちは定住せずこの森を歩きながら生活していたと聞きますが、その知恵には驚くばかりです。

                                  スカイレールには2つの駅がありキュランダの街迄、約1.5時間の空中散歩

 スカイレールの終点、キュランダの町にはマーケットが立っています。
それを横目に私たちはまず、コアラのいる”レインフォレストステーション”へ
そちらでは、ワニの餌付けを見たり、蛇を首に巻いてみたり(もちろん私もまいてみました)・・・。
カンガルーに自分の手からえさをやったりと楽しく過ごしました。
でも一番の目的は、”コアラ抱っこ”
いま、オーストラリアでも、コアラを抱っこできるのは、以外にもケアンズのあるクイーンズランド州だけだそうです。
まるで赤ちゃんのようにしがみついてくるコアラの可愛さと言ったら、もうそのまま連れて帰りたいほどでした。
 

                      コアラは、1日のうち20時間は寝ているそうです。
                                                                                あと2時間は眠っていて、残り2時間はユーカリの葉の成分のせいで、酔っ払っているのだそうです。
                                   ちょっとうらやましい???

 その後お昼をいただいて、キュランダのマーケットを思い思いに散歩
あちこちの店を冷やかしながら歩いて、この街の人気者”クリフさん”というおじいちゃんがやっているアイスクリームやさん”キュランダ・ホームメイド・トロピカル・フルーツ・アイスクリーム”に立ち寄りおやつです。
このクリフさんは、とても日本語がお上手、お客様一人一人に声をかけています。
日本人には”オッハー、このマンゴーアイス、超ウ・マ・イ!”などといっていました。
人気のマンゴーアイス・それから特にラムレーズン、本当においしかった!!

午後は、キュランダ駅から高原列車に乗ってケアンズまで帰ります。
その途中には、バロン川によってできた渓谷とバロン滝が一番の見所です。
さっそくレトロな列車に乗ってキュランダ駅を出発しました。
列車は車窓からの眺めを良く見られるようにゆっくり進みます。

                                   車窓からバロン滝を望む。今年は水量が少ないそうで少し迫力に欠けます


 座席はすべて予約制。向かい合わせに3人ずつ座れますが、皮製のレトロな椅子でとてもゆったりしていました。
車窓から見え隠れする海もまたすばらしく、海と緑のコントラストがとてもきれいでした。
この鉄道を引くのには厳しい勾配や熱帯雨林・先住民族との対立等多くの難題を乗り越えなければならなかったそうです。

                          もう少し、街に近くなるとサトウキビ畑が続く景色になります


 ホテルに帰りまして一休みしたら、お楽しみお夕食タイム!
食べることが大好きな我が家は、ついつい盛り上がってしまいます。
今日は、お肉を食べよう!!
ガイドさんが”おすすめ!!”と教えてくれましたステーキのお店”HOG’S BREATH CAFE”にしました。
予約を入れないで行ったお店はとても込んでいて、地元の方にも人気のようです。
30分くらい待たされたでしょうか?やっと席について注文することができました。
ここは時間をかけて熟成させたリブステーキがとてもおいしいとの事です。
運ばれてきますと、やはりとても大きなお肉に山盛りポテトでした。


        


 いつもは全部食べきれないステーキですが、こちらのお肉はやわらかく、ジューシーでぺろりとみんな一人前を平らげてしまいました
(ブタマニアのナッツはこちらのお皿やコースターのブタが気に入ってしまいコースターをいただいてきました)

お腹もいっぱい、明日の朝も早いので、早くやすまなくちゃ!と言いながらもホテルに帰って、またまた主人とお酒を飲んでいい気分になりました。
あー、コアラみたいだわ!!
  **今日の楽しみは、明日への励み!!**  明日もたくさん遊ぶわよ!
 

                  Part.2へつづく・・・・。